RX-78-?
GUNDAM RED WARRIOR

2007年作


製作

MG ガンダムVer.ka改造のガンダムレッドウォリアーです。
「プラモ狂四郎」に登場する、漫画オリジナルのガンダムです。
別名「パーフェクトガンダム3」。

以前、1/144でつくり、オークションに出したことがあるんですが、
そのときのデザインアレンジに準じて、さらに細かくつくりこみました。
個人的にはスキルアップしたかと・・・

頭部 
キットのヘルメット、末広がりでなんか嫌い。スマートになるよう修正してます。
好みでアンテナ、つけてません。替わりに後頭部にアンテナつけてます。

エポパテで裏打ち後、削り込んでシェイプアップ。左右で2ミリくらいけずってます。
頭が胴にめり込むように、首付け根を1ミリ下げ、それに合わせて襟パーツも切った貼った。
その他形状変更はエポパテ、プラ板にて加工しています。

ふんどしは縦横それぞれ3ミリ、2ミリ延長それにあわせてフロントアーマーも3ミリ延長してます。
サイドアーマーはジムコマンドをイメージに、プラ板にて作成。
各アーマー裏、エバグリプラ短冊にてデティールアップしています。

肩アーマーをプラ板で作った以外は基本的にキットのままです。

腿、スネ、足首でそれぞれ2ミリ、2ミリ、1ミリ計5ミリ延長してます。
ひざブロックは2ミリ短縮。
アンクルアーマーは各種プラパイプの組み合わせです。
武器
バズーカは10ミリABS棒の旋盤削りだし、プラパイプなどより。マガジンはキットのバズーカのものを
モールドをよけながらばらばらにし、スペーサーをかませ、5ミリ大きくして使ってます。
バズーカのグリップは可動にしています。
右手の固定式サーベルはサイコウッド、プラ板より。
シールドはハイコンプロ”ガンダム”より流用、加工してつかってます。

塗装
ラッカーにて基本塗装、エナメルにてすみいれ、デカールを貼ってつや消しクリア(ラッカー)
でコート(あまりきつく吹き付けるとデカールが溶けるんで注意必要です)。
その後リキテックスにて細部塗り、リタッチ、つや消しクリアでコート。
胸部センサーにオーロラシールをはりこんでます。
今回はじめてリキテックスによるフィルタリングをかけてみたんですが
なかなかうまくいかず、あまり効果でてないです・・・

今回ひさびさにMGを作ったんですが
パーツが多くてうんざりしたものの楽しかったです。
またいつか挑戦したいです。


gallery